魂の宿る書

a0135791_23164028.jpg


前の記事更新から、すぐに更新したかったのだけど、また開いてしまいました。。
前の記事のラストに書いた素敵な事と言うのはこれ!島本在住の書家の乾千恵さんの原書を見せて頂けたのです‼︎ 千恵さん一家は長谷川さんのお客様&お友達です。千恵さんのお母様とお父様が長谷川書店に持って来ていらっしゃって見せて頂けたのです。千恵さんのお母様とは前回に長谷川書店に遊びに行った時に、お話させて頂けて、わーい!と思っていたら、又お会い出来て嬉しかった!しかも千恵さんの原書まで目の前で見せて頂けるなんて夢みたい。
凄いね、この石の字。しめった土の上どっしりとあるのが分かります。風も吹いています。
少し苔生している様に感じるな。凄い存在感。
おひさまさんもブログに書かれてますが、
他にも「猫」「月」を見せて頂けました。
猫もね、ガッチリした立派な猫さんでした。
千恵さんは書を書く時、これだ!と言う字が生まれるまで、何度も書き続けられるそう。
千恵さんが「月」を書いたときは特に、憑かれたように何度も何度も書き続けられ、恐いくらいでお母様はとても近付けなかったとか。月って憑くのですね。千恵さんは感性が凡人では無いので、憑き方も激しかったのでしょうね。
この月、夜空にぽっかり浮かんだ月そのもので、少しゾクっとしました。

a0135791_23164194.jpg


千恵さんの本。見せて頂いた書が載っています。千恵さんの事はTV等で知っていて、右の絵本も存在を知っていたのだけど、
読ませてもらった事はなくて、すぐに欲しくなって古書だけど買いました。他の本も欲しいので、ゆっくり見つけて読ませて頂こうと思います。

[PR]
by hama_raki | 2015-11-02 22:39 | イラスト・アート

絵描き・宮下ラキの徒然ブログ。


by raki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28