つきのぼうや

最近、できるだけ寝る前に絵本を数冊読む事にしています。
持っている絵本を中心に読み直す感じ。
持ってるのに忘れてるのとか結構あるんですよね。
色々読んでる中で、改めて「ほほう」と思った一冊。
「つきのぼうや」
有名な本なので、知ってる人とっても多いです。
絵本塾に通ってる時、映画を沢山見なさいとよく言われたのです。
一冊の絵本は一本の映画のように深い。。
池に映った自分をべつのおつきさまだと思い込んだおつきさまから、
彼を連れて来てくれと頼まれたつきのぼうやが、
地上に降りて行くまでの場面の展開に「ほほう」というか、
「うーん、すごい」と唸ってしまいました。
こんなにも沢山の出会いや出来事をこのわずか数ページの中に、
盛り込めてるなんて。。
単純なようで単純でないんだな。長く愛されている絵本というのは。。
ラストも幸せで好き。
一日の終わりは幸せな気持ちで...オヤスミナサイ。。

つきのぼうや (世界傑作絵本シリーズ・デンマークの絵本)

にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ
にほんブログ村
[PR]
by hama_raki | 2015-06-02 20:26 | 絵本・児童書・その他本

絵描き・宮下来気(ミヤシタラキ)の徒然ブログ。


by Raki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30